京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



お気に入りリンク♪
ヤナギモーター商会
靴屋さん
エブリィハウジング
缶バッジ
花名刺
もともとあまり料理が得意ではありませんでした。

しかし、急に料理に目覚めていろんな物を作っています。

もちろんそれほど手の込んだものではありまかま、料理初心者の私にはかなりチャレンジしている方だと思います。

少し前はラタトゥイユに挑戦しました。

料理本を片手にレシピ通りに作ってみました。

自分的には美味しく出来たと思っています。

煮込み系はいろいろ作ってみました。

ベタにカレーやシチューにもチャレンジ、それなりに出来たと思います。

ご飯のオカズはだいぶ出来るようになったと思います。

しかし、なかなか難しいのがスイーツ系。

何度かチャレンジしてみた、チーズケーキ。

毎回味が変わります。

微妙な形に、出来上がり。

ウーンと思う出来上がりばかりです。

なかなか美味しいと、感じるものが出来ません。

料理初心者には、スイーツはかなりハードルが高かったみたいです。

スイーツは自分か好きなので、家でサッと作れたらいいなと思って作り始めました。

しかし、なかなか難しいのです。

ちゃんとレシピを見て作ったのに、どうしても思ったものが出来ずに、落ち込んでしまいます。

自分でも器用な方じゃないと思っていたのでなかなか料理に挑戦していませんでした。

しかし、やっとやる気になったのに、どうしてもスイーツが難しくて、美味しく出来上がりませんでした。

どうしてもスイーツ系は、難しいので最近では諦めてしまいました。

いろいろ挑戦したいなと思い、おかし作りの器具を揃えてみましが、使わずじまいです。

今は、オカズ系に絞って新しい料理に挑戦しています。

毎日のご飯作りに、休みの日には作ったことのないものにも、挑戦して楽しんでいます。

料理初心者から、少しでも進歩したいと思っています。






プリキュアシリーズって子供向けのアニメだけど、大人向けでもあるんだなと感じています。

テレビ朝日系列で放送されていますが、NHKがプリキュア大投票という企画をやっています。

これは完全に大人に向けた企画でしょうね。

プリキュアの知られざる魅力に色々と迫っているのですからマニア向けだと思います。

結果はまだ発表されていませんが、誰が1位に輝くのか、そしてどの作品が1番人気なのかが凄く気になって仕方ありません。

歴史秘話プリキュアヒストリアという番組を見たのです。

大投票はBSが入らない家なので見ることは出来ないのですが、たった30分だけでしたが凄く良かったですよ。

プリキュアの各シリーズについて分かりやすく紹介されていました。

私はハマった作品とちょっとだけ見てた作品、全く見てなかった作品など色々あります。

全然知らないシリーズについては、こういうストーリーなのかと関心しながら見ていました。

どれも基本的なコンセプトは似つつもシリーズによって特色が違うみたいですね。

2018年に放送されたハグっとプリキュア派最初のほうしか見ていませんでした。

けどこの話は誰でもプリキュアになれることを実現したそうで夢があるなと思いました。

確か主人公のはなのセリフが「なんにだってなれる」だったと思いますが、それを実現しているのですね。

きっとこの作品はランキングで上位に入るんじゃないかなと思います。

そしてプリンセスプリキュアは一度しか見たことがないのですが、全寮制の学校に通っているというのが斬新でした。

ということは主人公の両親などは登場したりしないのでしょうかね。

プリキュアのイベントには子供だけではなく必ず大人のファンの姿もあるそうです。

大人の特撮ファンが多いようにプリキュアも人気ですね。

実は私もイベントに行きたいのですが、どうしても子供たちが集まる所で独身の自分が行く勇気が出ないのです。

友達にプリキュア好きな子供さんがいる人がいれば一緒に行けたかも知れないんですけどね。

COMMENT: (0)


ファミリーマートのスイーツ新商品は必ずチェックしています。新しいスイーツが出たようなので早速購入をして食べてみました。

食べたみたものは「生チョコのもちもちクレープ」です。生チョコが好きなので食べる前からワクワクしていました。

大きさは片手に乗るくらいです。おやつにはちょうどよい大きさです。価格は170円ほどで価格面でもおやつにはよいと思います。

クレープ生地は厚過ぎず薄過ぎず、程よい厚みです。食べてみると商品名の通りもちもちとした食感です。もちもちクレープ生地の食感がおいしいし、生地の甘さが主張し過ぎないところもおいしいです。

そして、ホイップクリームと生チョコがしっかりと入っています。

こういったクレープはホイップクリームや生チョコが思っていたよりも少なくてがっかりしてしまって、買わなきゃよかったと思うことがあるのですが、きちんと入っていたところがうれしいです。

生チョコはたっぷりと入っていて味を感じられます。薄っぺらいチョコレートの味ではなく、ちゃんとした生チョコの味です。生チョコに使用している生クリームは以前よりも増量されているようで、それによってコクが増しています。苦いタイプの生チョコではなく、ほんのり甘さを感じられるタイプです。クレープ生地やホイップクリームとあわせるのによい味だと感じました。

ホイップクリームはふんわりとしていて甘すぎず、生チョコともクレープ生地ともよく合っています。たっぷり入っているので大満足です。

おいしいのであっという間に食べてしまいました。もう少し食べたいなと思うほどおいしいです。

またファミリーマートに行ったら購入をしたいと思います。それくらいおいしかったです。


ただいま、絶賛英語の勉強中です。

正確に言うと、これまでずっと英語の勉強をしていたのですが、なかなか好きになれなかったので、今回は挫折したテキストに再び取り組んでいる感じです。

挫折したテキストは実は英語ですべて書かれているものなので、正直いって取り掛かったことを後悔していたりもします。

もうちょっとうまくしゃべりたいけれど、まずは文法からかな?ってことで文法のやり直しに取り組んでいるところです。

心は結構折れかけていますが、いつまでも甘えていてはいけないなって思うので、とにかくちょっと嫌な気分が出ていても少しずつやることにしています。

ちょっとペースアップもしていて、2ユニットずつやるようになりました。終わりは全然見えないけれど、なんとか続けて終わらせたいなぁって感じです。

これは休日とかにもっとまとめて時間を作ってやるしかないかな?

みたいな気分にもなっていますが、英語の勉強は英語の勉強で他のものも取り入れてみたいなぁとか。

最近、友人の英会話レッスンをやったりとかしているので、しゃべるのも実はそんなに苦手でもないかなぁなんて思ったりもしています。

もっと体系的にしっかりと勉強すれば英語への苦手意識もなくなるかなぁ?

なんて思ったりも。地味なことですけれど、これからは英語を聞く時間なんかも増やしていきたいなって思っています。

英語の勉強もいろんなコンテンツがあるので、これからはYouTubeとかも使っていけたらいいかな〜とか。

いくつかコンテンツを教えてもらったのでそこは素直に話を聞いて勉強していければいいかなって思っています。

少しずつ英語アレルギーみたいなものを減らしていきたいです。これからは、話せる場所とか使う場所とかどんどん広げていきたいかなって思います。


2019年02月01日

癒しの本屋さん

雨の日はテンションが下がるし、晴れの日はいそいそと出かけたくなるし

最近は天気に左右されがちな私です。

でも、いつでも変わらない楽しみは「本屋さんに行くこと」!

駅ビルの中にある大きな本屋さんは、いつ行ってもテンションが上がります。

あまりお金はかけられないので、いつも文庫本を数冊買う程度ですが、

それでも、行けば必ず1時間以上は悩んでしまいます。

最近は、kindleなどの電子書籍を利用することも増えてしまったんですが

やっぱり紙の本は特別です。

なんとなくですが、読んだ後の達成感が大きい気がします。

本棚が埋まっていくのが気持ちいいいです。(場所を取るのですが…)

考え方が、古いでしょうか。

今日もぐるりと見てきました。

いつも店員さんお手製のポップや、映像化作品、文庫フェアなど目移りしてしまいます。

にしても、毎度こんなに新刊が出ているんだなあと驚きます。

ふと、江國香織さんの本が読みたくなって

「つめたいよるに」を探したんですが、たまたま品切れ。

ほかの本ならあったけど、なんとなく一度決めたものから妥協するのは嫌で

また今度買うことにしました。

あの優しくて、心洗われるような文章が読みたくなることがたまにあります。

もう数年前に読んだきりなので、久々に読みたいなあと思ったんですが残念です。



というわけで、あてもなくぶらぶらして購入したのは、この3冊でした。

・真夏の方程式/東野圭吾

・ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦

・星の王子さま/サン=テグジュペリ

「真夏の方程式」は、映画は見たんですが、

本は未読だったので買ってしまいました。

福山雅治かっこよかったな~と思い出しました。


「ペンギン・ハイウェイ」はアニメ映画になっていましたね。

まだ見ていないので、本を読んだら映画も見てみたいです。

森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」が大好きだったので、読んでみたくなりました。

「星の王子様」は、昔読んだ気がするんですけど、もう覚えていなくて…。

なんだか心落ち着いて読めそうです。

なんだか本の紹介になってしまいましたが、

とにかく本屋さんって素敵だなあとあらためて思った一日でした。

早速、買った本をこれから読んでみます。




休日といえば、平日の寝不足を一気に補うべく昼ぐらいまで寝ていることが多い私。そんな私が最近ちょっとはまっているのが、喫茶店やカフェのモーニングサービス。

ランチは、いろんなお店で分かりやすく提供されているけれど、モーニングって朝早くないとやってないイメージがあり、意外とどんなサービスがやっているのか知らないままでした。

でも、モーニングと言っても早朝だけではなく、遅いところだと11時くらいまで注文で注文できたりするんですよね。いつもよりゆっくり起きてからでも十分間に合うお店もあります。

モーニングサービスのおすすめポイント

・休日、朝からまったりしすぎてそのまま一日が終わってしまうのを防げる

モーニングと言えども、他にお客さんはいるので必要最低限のメイクをして出かけています。休日の午前中のうちに必然的にそれなりの準備をして外に出ることになり、うっかりだらだらと一日過ごしてしまうことがなくなります。

遅めのモーニングなら、しっかり食べられるメニューを注文してランチと兼用にしちゃうことも。ゆっくりと過ごしても、まだ午後一番くらいの時間帯。お店を出てからの一日が長く感じられ得した気分になります。

・とってもお得
だいたいコーヒーなどのドリンク注文で何かしらサービスメニューが付いてくるのが定番。つまり、いつものドリンク料金でおまけがついてくるということ。トーストや卵、サラダなどがついてくることが多いです。朝からドリンク一杯カフェで飲むくらいなら、大した出費にならない金額で済むので気軽に利用できます。

・お店が比較的すいていてのんびりできる
休日の朝。普段に比べれば空いているお店が多いんです。他のお客さんとのスペースもゆったりとれ、のんびりと自分だけの時間が過ごせます。

様々な雑誌が置かれているお店も多いので、普段読まないような雑誌に目を通すのも楽しいものです。

何かとお得なモーニング。

しばらくは、モーニング巡りにはまりそうな予感です。






PAGE TOP